楽しかった釣りキャンプ4日目

3月4日
今日は山を下るだけである。
釣ってみたい場所がまだあるが釣っていると疲れて車まで帰れなくなる。さらに車で無事山を出られるかも心配である。明るいうちに行動する。
腹八分で終わりにする。
朝7時半起床、ゆっくり朝食を取る。
片付けていると初日に枯れ枝を集めた山で熊の鳴き声がした。
お別れに来たのかなと鈴を振ってやるとガーガーと鳴きながら行ってしまった。
そろそろ片付けが終わるころになると同じところで熊がまた鳴いた。
まだ居るのかとでも言っているように聞こえた。
今帰るからもう少し待ってくれと話した。聞こえたのか鳴かなくなった。
片付け終わったのは10時である。
帰りはどこも寄らず休み休みで帰る。
途中大きな落石が有る。
温度上昇とか雨とかで落石が多い。
車の先が出られるか心配になった。
1時間半で車に着いた。
エンジンも掛かった。昨年はバッテリーが上がりエンジンがかからなくなり歩いて6kmに有る駐在所(ほとんど居ないが電話が使える)に行きJAFを呼びに出た。1時間ばかりの所のキャンプ場にたまたま人が居て車で充電してもらい助かった。
今回は落石が無いか心配である。
ちょっと出たところに支流に入って行く林道が有る。普段は車は入れない。開いている。ふとみるとノリ面を工事しているとある。そして車の出入りの跡が有った。
出てくる途中で落石が何箇所かあったが月曜日で工事をやっていたらしく。ブルドーザーで石をどけた跡が何箇所かあった。
落石が有ると歩いて6kmの所に駐在所が有る。そこまで行ってヘルプミーとなると覚悟していた。
過去に大雨が降り、小さい沢の土砂で道が塞がり出られなくなり駐在所にヘルプミーの経験が有る。このときはブルドーザーで土砂をどけてもらった。これらを予想して午前中に山を下りてくることにしている。
駐在所近くまで出てくるとブルドーザーに運転手が乗っていた。落石をどけて出てきたばかりのようである。
助かった。
山荘に帰りキャンプ用品を乾かして一件落着となった。
梅の花はまだ咲いていない。
次の釣りは雪が溶けた4月ごろにしたいと思っている。
ここは釣りに関する日記のみでありまた上記表示の通常の日記に戻る。

朝食を食べる。ポリ水筒は昨夜空っぽにして鍋に汲んでおいた。
以前帰る日ポリに入れたままにして朝起きると凍っている。焚火をして氷を溶かす苦労した。
画像

焚火の跡、さー片付けるぞ
画像
画像

今朝熊が二度も鳴いた山、枯れ木を集めた場所である。釣ったイワナは雪の中に埋めておいた。
画像
画像

テントを張ってあった場所氷が残ったままである。断熱シートを3枚使っているので自分の熱が伝わらないために解けないのである。そして冷たさも伝わってこない。荷物をまとめた。
画像
画像

自分は飲まないがコーヒー缶などが落ちていた。全て拾って帰る。飛ぶ鳥跡を濁さず、来た時より綺麗にして帰る。
画像

途中にこのような落石がある。これではブルドーザーでないとどけられない。
画像

無事山荘に帰りキャンプ用品を乾燥させて一件落着である。
画像


おしまい


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

たまちゃん
2013年03月05日 17:27
神子さんは熊が怖くないようですね、熊よけには何がいいですか?鈴それともラジオ、教えて下さい!今度島根県の高津川水系に釣行しようと、下調べで一度行った時「熊に注意」の看板がありました。添付ファイルが送れると良いのですが・・・・。
たまちゃん
2013年03月05日 17:34
釣行キャンプは数人で行けば、仕事が分担できるので楽だと思いますが、1人だとなんでもやらないといけないので疲れますね。最近は手足を伸ばして眠れる宿へ宿泊しています、相当軟弱になっています。
釣り好き神子
2013年03月05日 19:15
たまちゃんさん
ツキノワグマは草食です。人間は食べません。
突然出っくわすと熊はやられると思って襲うのです。あと春先の子連れの時は危険です。小熊を守ろうと襲ってきます。
したがって鈴などで事前に予告してやれば襲っては来ません。
鈴をつけて歩いていると熊は2km位先から聞こえると言われています。
曲がり角などが有ると曲がった途端に熊が鳴く時が有ります。でも出っくわすよりは平気です。
鳴き声に鈴を鳴らして遠ざかるのは平気ですが大きな熊になると逃げない時もあります。このときはあまり刺激しないで通り過ぎるべきです。
私の使っている鈴は南部鉄でできたもので遠くまで聞こえると言われます。
北海道の熊は肉食です。
こちらは鈴ではえさが居るよと教えているようなものです。でもよっぽどでないと襲ってこないと思います。地元の人の話では人間を食べたことが無いので食べないだろうと言います。
いずれにしても沢山の人が居るようにすればいいそうです。鈴、ラジオ、蚊取り線香、笛、爆竹、歌、口笛など人間が通るぞと教えれば襲うことは無いと思っています。熊だって人間につかまって食べられては大変と思っていることでしょう。
なお、鈴は九州などのマムシにも事前予告として通用するようです。
私の場合は全国どこでも鈴は付けています。山奥で突然人に出っくわすこともあります。お互いに驚かないようにもなっています。
たまちゃん
2013年03月06日 11:57
神子さん:有難うございました、南部鉄の鈴&大音量の防水ラジオにしようかと思っています。ところで九州で”南部鉄の鈴”如何にして買い求めるかが、問題ですね。
釣り好き神子
2013年03月06日 19:53
たまちゃんさん
今は必要なものは何でも手に入れられる時代ですよ。
インターネットで検索して見てください。
でもツキノワグマであれば子犬に付ける鈴程度でも良いと思います。
事前に出っくわさないように予告出来ればいいのです。
たまちゃん
2013年03月07日 09:23
神子さん有難うございました、分かりましたインターネットで調べてみます。

この記事へのトラックバック