ブログ訪問者数

釣りブログの訪問者の人数を確認した。
渓流釣りを始めたのは1992年である。
2006年11月から釣り日記をアップし始めた。
ブログの述べ訪問者は現在70万人となった。
沢山の方に訪問していただいてうれしく思っている。
過去のブログ訪問者数の推移をこちらに表示させてもらった。
どのような日記に興味を持ってくれているか調べているが現在の集約結果ができた。
訪問者の多い上位34番までは下記の一覧表の通りとなっている。
やはり北海道の釣りに興味があるようである。
全体的にはイトウやイワナなどの単語から検索して訪問してくれているようである。
なお、検索はブログテーマを選べば探しやすいと思います。
魚に憂い有り
日本は渓流に関係あるイトウ、サケ、カラフトマス、サクラマス、アメマス、イワナ、ヤマメなど天然に生息しているいろんな魚が少なくなってきている。
人による山林、河川の開発によるものもあるが、地球温暖化で海、川の水温が上昇しているのも原因である。
既に西日本ではイワナやヤマメの渓流魚は姿を消しつつある。
養殖しているサケ、サクラマス(ヤマメ)なども折角、養殖して海に放しても水温の上昇により元の河川に戻ってこなくなっている。
既に北海道でもサケの養殖をして放流しても戻ってこないと漁業権を放棄しているところも出てきている。
このまま進めばこれらの魚は日本からいなくなることが予想される。
釣りを楽しむためにみんなで考える時期に来ていると思う。

過去の訪問者数の推移である。
ブログの訪問者が800,000人になりました。(2018年9月2日) 
沢山の方に見ていただき嬉しく思います。
[750,000人(2018年6月2日)]
[700,000人(2017年8月10日)]
[650,000人(2017年1月26日)]
[600,000人(2016年6月15日)]
[550、000人(2015年10月30日)]
[500,000人(2015年5月26日)]
[450,000人(2014年9月25日)]
[400,000人(2014年6月8日)]
[350,000人(2013年11月16日)]
[300,000人(2013年6月10日)]
[250,000人(2012年11月6日)]
[200,000人(2012年5月14日)]
[170,000人(2011年10月21日)]
[140,000人(2011年5月20日)]
[110,000人(2010年11月)]
[90,000人(2010年7月)]
 [60,000人(2010年1月)]
  [15,000人(2008年1月)]
ブログの開設は2006年11月4日である。

ブログ訪問者2,000人以上訪問者のランク上位34位までの一覧表である。(29年8月10日更新
(表をクリックして拡大)
なお、ブログのトップページの右側にあるサイト内検索で表の中のタイトルを入れて検索するとその日記が探せます。

画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2017年08月14日 14:39
ブログの訪問者数や訪問経過・訪問者のニックネームなど情報が残っているんですか?
70万件のデータ分析は、結構時間が掛かるでしょうね。
釣り好き神子
2017年08月14日 21:31
長野のいごっそうさん
70万人のカウンターは自動的に記録されます。
誰が見に来たかはわかりません。
どのブログに人気がるかはブログ個別にカウンターがあるのでそれは調べて報告しています。

この記事へのトラックバック