イワナ釣りを楽しむ

昨夜イワナを釣るぞと気合を入れたせいもあるが今朝は子供と同じように久しぶりの釣りに興奮したのか3時に目が覚めて寝られない。
起き上がって釣りの準備をする。どこを釣るか地図で調べる。
サラリーマン時代に釣りに入ってあまり釣れなかったところを釣ってみることにした。
NT川の源流である。
2.5万分の一の地図を準備する。地図上にはずっと上流には車が入って行けないが林道がある。
車止めに6時に着いた。
歩いて釣り始めたのは7時である。
こんなところまで釣り人の足跡がある。
来ない。釣られているのかなと釣り上る。
砂防ダムがある。結構険しい渓流である。なんでこのようなところに作ったのかな、どのようにして作ったのかなと思いながら一方ではイワナにとっては邪魔な存在だなと思う。
さらに上流に行くとイワナが居た。小さい。釣り人がリリースしたのかなと思いつつリリースする。
さらに釣り上る。ブッシュが増えてくる。
渓相も良くなった。イワナ好みである。
ここと思うところで粘るとイワナが来るようになった。
ここと思うところでは疲れないように岩に腰を掛けてじっくり釣る。
イワナが居ると思うところでじっくり釣り、釣った時は小さくてもうれしいものである。
そして親のイワナはどこにいるのかなと考える。
30cmの親のイワナを釣った時はうれしい。
さらに上流のブッシュでは50cmのチョウチン釣りである。
小さいイワナは引っ張り出せる。
大きいイワナが来た。当たりから大きいと分かり一気に引き寄せようと思ったが顔まで見せたがまた潜ってしまった。ぐんぐん引き込む竿のあたりで糸が切れるかどうかが分かる。しばらく操っていたが流木に向かったやむなく止めようとしたが0.4号のハリスが切れてしまった。
30cmオーバーのイワナである。根係とかなければあげられるサイズであるが50cmのチョウチン釣りの上ブッシュの中では止むをえなかった。
分岐があり水量が減った。それでも時々小さいイワナが来る。
昼頃になってこんなところに砂防ダムがあるというところに来た。がっくりである。釣る気がしなくなった。お昼を食べて終わりにした。
今日の釣果は小粒ながら8匹である。
リリースサイズがそれ以上いたことはうれしいことである。
帰りをどうするか考えた。地図で見ると400mくらい上ると林道があり車まで歩いていける。
釣りあがった距離を調べるとわずか500m位である。
釣りあがってきたところを下ることにした。沢は上るより下るほうが大変である。
上れるかどうかは下から見ればわかりルートを選ぶ、下りは下流が見えない。上ってきたところを覚えているわけでもない。行ったり来たりしながら下る。
6時間かけて釣り上ったわずか500mくらいのところを安全に考えて1時間かけて下った。
筋肉を使いすぎたのか帰りの車の運転中に足のモモ筋肉がつってしまってしばらく道端で休憩した。
でも楽しい釣りであった。

上流に行くにしたがって魚影が出てきた。ポイントを釣る。
画像

まずは小さいがイワナである。
画像
画像

やっとキープサイズが来た。
画像
画像

そしてついに30cmのイワナを釣った。
画像
画像

今日の釣果である。
画像

大きいのを晩酌の刺身にした。
画像


at:山荘

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック