イワナ釣り

今日はニッコウイワナを釣るべく近くの川に釣りに行った。
いつものように4時半起床、5時半出発、6時に車止めにつく。
山の上から谷底まで急峻なところを降りて行く。
1時間ばかりで目的地についた。
雪解けがあり水量が多い。
遡行のむつかしい渓である。
しかし、釣り人の跡がある。居るのかなと気になる。
釣り人は下りたところから釣り始めると考え少し下ってから釣り始めた。
一発で来た。
ただし、ニッコウイワナでなくエゾイワナである。ニッコウイワナ独特のオレンジの斑点はなく白い斑点だけである。
本来ならばニッコウイワナのエリアである。しかし、下流に管理釣り場があるためにそこに放流するエゾイワナが逃げて上ってきたのである。と言うより管理釣り場は昔からある。
既にエゾイワナも何代にもなっている。変化してきているのが分かる。
以前のブログにも書いているがエゾイワナも川虫などを食べているとオレンジの斑点になってくる。
そのオレンジの斑点になりかけているイワナを釣った。
身体全体の斑点が色づき始めているのもいる。
環境と餌に寄りイワナの色が変わると今までも書いてきたがこのイワナたちはエゾイワナから育てられ管理釣り場で放流の後釣り残されて源流に向かって上っていることを表している。
養殖した白い斑点のみのエゾイワナを購入し秘密の場所でオレンジになるのを観察したいと思っていることの一つである。
観察したいあと一つはどのくらいの滝まで上るかを調べたいと思っている。
今までの経験からするとかなりの高さのある滝でも上っているようである。
今回の場所は管理釣り場からここまでいくつかの滝がある。それを上ってきたということを調べたいのである。
続けて釣り上る。すぐに腰までつかりながら川を渡る。
ポイントを釣るが来ない。釣られたのかまだエサ取りに出ていないのか分からない。
時々イワナが来る。
大岩で挟まれたところに来た。昔は上れたが捕まえる木が抜けていて上れない。
高巻をする。すぐ上の滝に行くのに20分かかる。
エサ取りのポイントを釣るが来ない。
まだ、雪解け水で冷たい。エサ取りはしていないようである。
昼近くなって大きな砂防ダムに来た。
ここで粘った。立っていると疲れるので岩に腰を掛けて釣る。
砂防ダムで6匹釣った。3匹をキープした。
昼弁当を食べ13時に終わりにした。
今日はエゾイワナばかり11匹の釣果である。お客さん用に保存する。

この地域はニッコウイワナのエリアにも関わらず、白い斑点のエゾイワナである。
画像
画像

オレンジの斑点になってきているイワナも来る。
画像
画像

色がつき始めているイワナである。
画像
画像

この奥は大岩で上がれない。高巻したところである。エゾイワナが来た。
(画像クリックで拡大)
画像

大きな砂防ダム、疲れるので座って釣った。エゾイワナである。
(画像クリックで拡大)
画像

今日の釣果
画像



at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック