またもや天然イワナ発見四万十川

6月14日の日記
昨日は20万分の一の地図を見て川が険しいところを探す。
四万十川の支流梼原川の支流の支流の支流の源流を目指して入った。
ところが道が険しい。林道はあるがまるで沢のように石がむき出しになっている。
四駆でないと入れない。がけもある。
暗くなってきたので危険のため途中の空き地に泊まった。
雨が降った。
5時に起きて6時に林道を入り始める。雨は降っていない。
軽トラックくらいが通った跡がある。
落石がありやっと通れるくらいのところもある。少しくらいの落石は乗り越えていく。
断崖絶壁のようなところを通る。落ちたらお終いである。ゆっくりと確認しながら通る。
目指すところに着いたのは7時である。
目指した支流は意外と深い。
大きい杉林があるが小さい木などが生い茂っている。
釣り支度して獣道のようなところを選びながら降りて行く。
すると植林の時に使ったのか山道らしきものがあった。
少しは楽になる。
川に着いたのは8時近くなっていた。
良い場所に降り立った。目の前にイワナ好みのポイントが有ったのである。
ビデオをセットして釣り始める。
イワナが来たのである。
それもオレンジの斑点があるニッコウイワナのような天然イワナのである。
雨が降りだした。
ビデオに帽子をかぶせて釣り続けるがかなりの雨が降りだした。
ビデオをぬらしては大変とビニール袋をかぶせその上から帽子をかぶせて撮る。
思った通り5~6匹天然イワナが来た。
あと一か所くらい釣りたいと探すと近くにあった。
ビデオは撮らなかったが4~5匹天然イワナが来た。
雨が激しく降り続くので10時半頃終わりにした。
車に帰り、いつもだとここで日記を書くのであるが雨が激しく土砂崩れになっては大変と国道まで出ることにした。
国道の空き地で昼食を食べ昼寝をして道の駅にでも行こうと走り出すとどうもハンドルが取られる。
空き地に止めてみてみると前の左側がパンクしている。
土砂降りの雨が降っている。雨が降っていなければ自分で予備タイヤに取り換えるが雨では大変なのでJAFに頼む。
30分待って30分で取り替えてもらう。
パンクしたタイヤを見ると横が大きく切れている。
落石の尖ったところで傷つき走っているうちにパンクしたものと思う。
山の中でなくてよかったと思った。
JAFの人にタイヤさんは有るかと聞く、宇和島市に行けばあるという。
宇和島駅前の交番に行き聞こうと思ったが不在で電話で聞く。
初めての土地なのでよくわからない。
ともかく国道56号線沿いにオートバックスがあるというので探した。
探しているうちにタイヤマンと言うのがあったので同じものがあるかと聞くとあるというので取り換えてもらった。

イワナ好みのポイントを釣る。
画像
画像

釣ると何かなと確認する。イワナだと叫ぶ。
画像
画像

それも天然イワナである。
画像

画像
画像

雨が降りだす。ビニールと帽子をかぶせて釣る。
画像
画像

25㎝の天然イワナが来た。
画像
画像

画像
画像

どれも天然イワナである。
画像
画像

画像
画像

別の場所でも天然イワナが来た。
画像
画像

野イチゴが赤くなってきた。
画像


at:道の駅「虹の森公園まつの」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック