イワナを見つけたぞ

6月7日の日記
吉野川源流に泊まった。
夜から雨が降りだす。
朝起きても雨は降り続いている。
朝もやがかかって神秘的である。
この雰囲気が好きである。
なんとなくイワナが居る感じがするからである。
雨が降っているがビデオを持って行く。
山の中に山道を歩いて入り川に降りる。
綺麗な水である。
「浦戸湾での釣りで書き忘れたが汚い、濁っているうえにゴミが沢山流れている。
ゴミは川から流れてきても海に出ていかない。潮の干満で増えたり減ったりしているうえに波が入ってくるので押し戻されてしまうからである。
国分川も釣ったが濁っている。浦戸湾に流れ込む川はすべて濁っているのである。
このまま続けば浦戸湾は東京湾がそうだったようにヘドロの湾になってしまう。
釣った魚も食べる気がしなかった。
その点で渓流は良い。上流に民家がないところの水はそのまま飲むし、釣ったイワナは刺身で食べる。」
イワナ好みの場所に降りた。
落ち込みを釣るとすぐにイワナが来たのである。
天然のイワナではなく、放流したイワナだと思うがすでにオレンジの斑点になってきている。いつも書いているが白い斑点のみの養殖イワナも渓流で川虫などを食べ長く生息し続けているとパーマークが現れ、オレンジの斑点になってくるのである。
木が生い茂り、岩に囲まれたポイントを釣るが暗くて目印が見えない。
一個目印を追加したがまるっきり見えない。
目印無しと同じで竿先に伝わる当たりで釣り始める。
餌がポイントに入っているかもわからない。感だけが頼りである。
粘ってイワナを2匹釣った。
暗いところにいるのでイワナは黒っぽい。環境にあっているのである。
良い落ち込みがある。
しかし、雨がざんざんぶりの上に雷が鳴りだした。
周りに岩があるので岩陰にビデオをセットし、しずくがビデオカメラに落ちないように帽子をかぶせて撮る。
薄暗いので映るかなと心配しながらである。
4匹釣った。
この後雷の音が近づいてきたので9時半に終わりにした。
イワナを10匹くらい確認することが出来た。
終って下流にトイレ付きの駐車場があったので引き返し今夜はここに泊まることにした。

7時過ぎとは言え暗い。いきなりイワナが来た。居たぞと叫ぶ。
画像
画像

更に暗くて目印が見えないところで釣った。イワナは黒っぽい。
画像

やけにパーマークが多いイワナが来た。
画像
画像

土砂降りで雷が鳴る中釣る。
画像
画像

イワナが来た。
画像
画像

イワナ好みの渓流である。大岩を上がるのに高巻く必要がある。
画像


at:吉野川源流駐車場記す
  よさこい峠アップ(霧に包まれている)
  画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック