天然イワナを釣る

昨夜は九頭竜川の支流である伊勢川の源流に泊まった。
県道230号線を入って行ったが伊勢川との看板がある所からなんと10kmも湖になっている。
いかになだらかな川であるかである。
九頭竜湖も大きいほうだと思う。支流が沢山あるのでそれがすべて入り江になっている。
道もなだらかで源流に向かっている感じではない。
伊勢峠の手前の川の水がちょろちょろななるところまで見に行った。
来すぎてしまったと引き返し、ほどほどの水量がある所の空き地に泊まった。
朝起きると雨が降っている。
本流は昨日見てなだらか過ぎるので近くにある支流に入ることにした。
ポイントを探しながら入っていると砂防ダムがある。
ここを釣ると天然イワナが来た。
少し引き返し、砂防ダムの上に上がる。
またもやなだらかなところの川を歩く。
釣り人の足跡があるあたりからポイントがありだした。
ポイントを釣ると天然イワナが来た。
釣りあがっているとブッシュが多くなる。釣り仕掛けを50㎝の提灯釣りに変える。
その上に蜘蛛の巣がある。
片手に釣竿、片手に棒切れを持ち蜘蛛の巣を退けながら遡行する。
歩きにくいが一歩ずつ進む。
ブッシュの中にポイントがある。
そっと近づき釣る体制を変えた途端にイワナが岩陰に逃げてしまった。
水量が少ないと敏感である。2度ばかりあった。
時間を掛けゆっくり釣りあがる。
4匹目を釣った時10時になったので終わりにした。
帰りは川を下らなく杉林の中を川の流れの音を頼りに下る。
杉林が途切れるとブッシュの中を通りやすそうなところを選びながら通り抜ける。
3時間かけて釣りあがったところを30分かけて降りてきた。
思えば川を下っても同じくらいの時間だと思う。

砂防ダムを釣ると天然イワナが来た。防水カメラにしたのを忘れていた。
DSCF0512.JPGDSCF0509.JPGDSCF0514.JPGDSCF0511.JPG
ポイントで天然イワナが来る。
DSCF0516.JPGDSCF0517.JPGDSCF0518.JPG
ブッシュの中を50㎝の提灯釣りをする。
DSCF0521.JPG
天然イワナをブッシュの下から引っ張り出す。
DSCF0520.JPGDSCF0522.JPGDSCF0523.JPGDSCF0524.JPG
ブッシュと倒木の中からおびき出して釣る。
DSCF0529.JPG
型の良い天然イワナが来た。
DSCF0528.JPGDSCF0525.JPGDSCF0526.JPGDSCF0527.JPG
帰り道杉林の中に綺麗な実がなっているのがあった。
DSCF0515.JPG

at:大野市内

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント