養殖ヤマメ

昨日は今日釣る場所を探して移動した。
林道を走り暗くなるころ橋の上から見て渓相が良さそうなので空き地に泊まった。
今朝起きて地図を見ると日本海に流れ込んでいる円山川の支流の大屋川の源流である。
橋のすぐのところの深みを釣る。両岸がコンクリートで降りられないので岸から釣る。
直ぐヨシノボリが来た。お腹パンパンで15㎝近くもあり大きくなっている。
これではイワナは居ないなと直感する。
ヨシノボリが何匹か来た後で養殖ヤマメが来た。
釣りあがるポイントで来るのはヨシノボリである。
ヨシノボリの後で養殖イワナが来る。
しばらく釣りあがっていると滝が見えてきた。
期待したが落ち込みが岩でできており深くなっていない。
でも釣ってみると小さい養殖ヤマメが来た。
滝は大きくはないが上流に簡単に上れない。
8時半で終わりにした。
帰ろうと滝の上に上がる場所を探すとロープが張ってあった。
釣り人が入っている証拠である。
イワナは釣られていないようである。
今日は次女の家族が京都の天橋立に来ているというので孫に会いたいので釣りを早めに切り上げていくことにした。
一泊一緒にさせてもらうことにした。
したがって明日は兵庫県に引き返さないでいずれ向かう予定にしている北陸の福井県に向かうことにする。
これから途中で明日からの食料を買い込んで天橋立に向かう。

落ち込みを釣ると来たのは大きくなったヨシノボリである。
DSCF0249.JPGDSCF0255.JPG
養殖ヤマメも来た。
DSCF0254.JPG
最初来るのはヨシノボリである。
DSCF0261.JPGDSCF0256.JPG
その後養殖ヤマメが来る。
DSCF0257.JPGDSCF0260.JPG
滝があった。浅いが釣る。
DSCF0268.JPGDSCF0267.JPG
養殖ヤマメが来た。
DSCF0266.JPGDSCF0264.JPG

at:養父市内