ボウズ

昨夜はDN川の源流で釣りが終わったその後楽しんだ釣りの余韻を味わうかのように動画などの整理をしていると雨が降り出した。
そしてそのまま源流で泊まった。
朝起きるとDN川の下流でも釣用かと見てみると昨夜の雨でかなり増水している。
結構雨が降ったようである。
しからばと少し下流にある支流でも釣ろうかと林道を入っていく。
しかし、ちょっと入ったところで草がぼうぼう生えていて行けなくなった。
川を見るとなだらかで釣る場所がない。
8月16日に大雨の後釣った砂防ダムを見に行く。
この川は九頭竜川の直接の支流になっている。
前ほどではないが水は少ない。しかし、良いポイントではなかった。
源流に行ってみることにする。
車で入って行ったがすぐのところで通行が厳しくなったのでバックして降りてきた。
空き地に止めて歩いて入ることにした。
歩き始めるが急峻である。川も急峻なので落ち込みはある。
釣る場所を見つけながらさらに源流に上る。
この川は国道の下を流れているので土石流の防止のために上流にも砂防ダムがあるとにらんだ。
ゆっくり30分くらい上ると砂防ダムがあったのである。
しかし、草がぼうぼうで降りるのが大変である。
何とか降りてみるとまずまずのポイントである。
ところが釣り始めるが何も来ない。
1時間粘っても何も来なかったのである。
釣り人が入った形跡はないし、なぜなのかなと思う。
他の場所を釣ってみることにした。
3か所のポイントを釣ってみるが来ないのである。
この川はイワナが居ないのではないかと思った。
九頭竜川の直接の支流であり急峻なことを考えると下流に高い滝でもあるかと思う。
さもなければ水に何かが含まれてイワナが住めないかである。
雨で増水すると釣る場所が限られるのでままならない。

上流にある砂防ダムを釣るが何も来ない。
MAH00534(1).jpg
他のポイントも釣ったが何も来なかった。
DSCF0555.JPG
最初行こうと思った川は林道が行き止まりのようになった。林道は川のように水が流れておりかなり大きい石がごろごろしていた。
DSCF0553.JPG

at:道の駅「九頭竜」


イワナ釣りを楽しむ

8月21日の日記
昨夜は道の駅「九頭竜」に遅くなったので泊った。
朝起きると近くにある九頭竜川の支流であるDN川の源流を目指す。
行き止まりと言うか通行止めになっている。
鉱山の後がある。
かなり盛大に掘っていたのではないかと言う後である。
先ず、鉱山があったという事はイワナが生息しているか心配になる。
ともかく釣ってみることにして草ぼうぼうの所を降りていく。
すると釣り人の後がある。
釣り人が入っているという事は居るということになる。
しかし、ポイントを2か所ばかり釣るが何も来ない。
川はブッシュと草で覆われていて遡行が厳しい。
もっと源流に行くことにして通行止めになっている道に上がり道を歩く。
地図で急峻な場所を選んできたが予想通りで道はきつい。
朝から歩くのはしんどいところである。
30分くらい上ると砂防ダムが見える。
降りて行ってビデオをセットして釣り始める。
直ぐに小さい天然イワナが来た。
オレンジの斑点があるが背中にマダラ模様がある。
どちらかと言えばゴキである。
大きいのは釣られたのか小さいイワナばかり来た。
もっと上流に上る。道を歩きながらポイントを見つけると降りて行って釣る。
道から竿が届くところは道から釣る。
ゴキのような天然イワナが時々来る。
退屈をしない。楽しみながら釣りをする。
気が付いたら昼近くなっていた。
高巻くのも厳しいような落ち込みがある。
ここで終わりにしようと粘ったが来なかった。
しかし、今日は小さいが10匹は釣ったと思う。

砂防ダムを釣る。
20190820195142(2).jpg20190820195142(3).jpg
小さいがゴキのような天然イワナが来た。
20190820195142(4).jpgDSCF0530.JPGDSCF0532.JPGDSCF0533.JPG
面白いように来る。
20190820195142(5).jpgDSCF0534.JPGDSCF0535.JPGDSCF0538.JPG
DSCF0539.JPGDSCF0540.JPGDSCF0541.JPGDSCF0542.JPG
ポイントで時々来る。小さいが魚影はある。
DSCF0547.JPGDSCF0548.JPGDSCF0549.JPG
最後に立派な落ち込みを有りらこちら釣るが来なかった。釣りやすいので釣られたと思う。
20190820235106(1).jpg20190820235106(2).jpg
釣り動画を整理したのでアップする。


at:DN川源流記す
道の駅「九頭竜」アップ