ナマズのかば焼き

5月20日の日記
昨日さばいて置いたナマズを炭火を起こしかば焼きにした。
昨夜からしょう油に砂糖を溶かしナマズに付けて置いた。
炭火なのでベランダで行う。
今日は室内温度は19℃しかなく寒い。
火の側が良いくらいである。
炭火を起こしながら天地自然とナマズに乾杯と晩酌を始める。
飲むのは芋焼酎のホッピー割である。
ナマズも結構油があるようで油が火に落ちて時々燃え上がる。
この匂いが周りに漂う。
ウナギを焼くのと変わらない。
ウナギに比べてちょっと身が柔らかいかなと思う。
ナマズが焼けてくると食べる。美味しい。
晩酌が進む、あっという間にいつもの定量を飲んでしまう。
まだ焼くのが残っている。
純米大吟醸酒を持ってきて飲み始める。
かば焼きには日本酒が良いなと思いながら飲む。
そういえばキビナゴがあったなと持ってくる。
冷凍して中の水分がにじみ出して氷、解凍すると干したようになっている。
これも焼いて食べる。これもめざしのようにはらわたがあるので美味しい。
暗くなってくる。
気分が良くなる。
日本酒を2杯飲むとかなり酔ってきた。
普段の3倍飲んだことになる。
焼き終わると片付ける。
20時頃日記をと思ったが眠くなってきたのでバタンキュである。
今朝8時に目が覚めた。

天地自然にお祈りし乾杯と始める。
MAH00898(4).jpgMAH00898(5).jpg
昨夜から付けて置いたナマズを焼き始める。
MAH00898(8).jpgMAH00898(9).jpg
ナマズをつまみに飲むと美味しい。
20200520051655(6).jpg20200520051655(5).jpg
キビナゴも焼いて食べる。
20200520051655(9).jpg
純米大吟醸を飲み始める。
20200520061825(1).jpg20200520061825(3).jpg20200520061825(6).jpg20200520061825(8).jpg
暗くなってくる。
20200520061825(10).jpg
ついでにと買って置いたサンマの生も焼いた。
20200520061825(13).jpg
実は昨日ナマズをさばくときに骨が固くて切れないので左手で包丁をたたいたところナマズの棘が左の親指の所に当たった。痛いと思ったが血が出ないのでそのままにしていたら朝方からずきずき痛み出した。見ると少し傷口がある。棘に毒でもあったのかな、でも死んでいたのでありえない。打撲かなと思ってシップしている。二日目になってもまだ直らなく親指に力を入れられずに荷物が持てないでいる。
MAH00898(1).jpg

at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

スーさん
2020年05月21日 12:45
今日は、昨日の記事からナマズを焼いてたべると聞いておりましたので、どんな味がするのか興味深く拝見いたしました。従来から日本の
純粋なナマズは、淡白で美味しいし言われておりますが、この釣りあげたナマズも、美味しいかったようですね。さらに、大吟醸で乾杯とは
贅沢ですよ。神子さんの山荘に、お邪魔した記憶が蘇り楽しかった風景が思いだされます。また、あの時に戻りたいですね・・・。
釣り好き神子
2020年05月21日 20:11
アメリカナマズかば焼きにして美味しかったですよ。
元々食用に輸入し養殖するくらいですから味は良いと思いました。
特に小さいのはウナギのような味でした。大きいのはたんぱくな味です。
でもアメリカナマズはブラックバスより獰猛なようです。
胸ヒレと背びれになぎなたをつけているような感じです。
小さいものまでそうですから他の魚に食べれれません。
それに一匹卵を持っていましたが卵は小さいですが数が多いです。
繁殖力が大きいと思いますね。
28年前には居ませんでしたがあっという間に繁殖して川の王者になってい居るようです。在来種の魚、特にウナギなどまで居なくなっているのではと思っています。