テーマ:釣り遠征

考えること

何故雨は降るのだろう。 今まで降った雨の量はすごい。 何処に水がたまっているのだろうかと思う。 太陽のエネルギーにより川や海の水分が蒸発して途中のゴミを吸収しながら空に上がるのは学校で習ったので知っている。 それがどのようにして空に蓄えられるかは知らない。 言えるのは低気圧になれば地球上に落ちてくるという事である。 ではなぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワナ釣る場所探し

昨夜も雨が降りっぱなしである。 昨夜は五木の子守唄を寝転がって聞いているうちに寝てしまった。 夜中に目が覚める。それまでCDをかけっぱなしになっていた。 雨が降っている。明日もダメかなと俣寝る。 どうせ釣りにならないと7時に起きる。 まだ小ぶりにはなっているが雨が降っている。 川の水を見る意外と水が減っているのである。 雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨、雨、雨濁流

昨日は刺身を買うために人吉市内のスーパーまで行ってきた。 引き返し、川辺川の源流に入るつもりだったが遅くなったので道の駅「子守唄の里五木」に泊った。 夜は雨がほとんど降り続いていた。かなり降ったようである。 朝起きても雨は続いている。 目の前の川辺川を見るとすごい濁流である。 源流に行ってみることにする。 走っていると普段水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問者が90万人になった

ブログの訪問者が90万人(令和元年6月29日現在)になりました。 単純な釣り日記ですが、誰でも出来ない釣りをしていると思っています。 その都度の記録、思ったこと、考えたことを忘れないうちに書こうと日記を書き続けています。 日記がありでなく日記は釣りの結果です。 主はイワナです。 日本全国のイワナの生態を調べています。 現在は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲の中でイワナを探す

昨夜は標高1,184mの峠で泊まった。 まるで雲の中である。近くでは霧、遠くから見れば雲である。 周りは何にも見えない。ただ真っ白いだけ。 標高1,000mくらいにある川を探す。 持って来たはずの九州全体の釣る予定場所である5万分の一の地図が見当たらない。 20万分の一の地図とカーナビが頼りである。 林道を五木村に向かって下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濁流の中を釣る

6月28日の日記 昨日は雨が降ったりやんだりしていたが雲行きが良くないのでがけ崩れなどがあると心配なので球磨川に入って行く途中の空き地に泊まった。 夜かなりの雨が降っていた。 雨が降り続いている。川の増水が気になる。 今朝起きて側の川の様子を見るさほど増水していない。 球磨川の源流を目指す。 球磨川の水源まで15kmの看板が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濁流で釣りにならず

昨夜はずーっと雨が降っていた。 今朝起きても雨が続いている。 朝食を済ませて峠から下り始める。 途中に球磨川の支流が2カ所交差する。 上流の交差を見ると結構良い渓相である。 釣ることにして土砂降りの雨の中を入って行く。 水は少し増水しているようだが笹濁り程度である。 釣るが来ない。 3カ所目を釣っていると急に濁り始めたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養殖ヤマメ

6月26日の日記 上椎葉ダム湖畔で6時に起き7時に出発、耳川の源流を目指す。 源流に入って行く前に入漁券Ⅰ日分1,000円を買う。 イワナを聞くとイワナは居ないどころか、イワナの放流は禁止しているという。 だめかと思ったが釣ってみることにする。 林道が結構整備されておりかなり舗装されている。 途中から未舗装になるがまずまずの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワナの釣り場探し

昨夜は大淀川の支流本庄川の源流に泊まった。 源流とは言っても県道が通っているので難なく入れる。 しかし、それだけなだらかなのである。 水が少なくなるまで探したがイワナを釣るところがない。 19時半になったので空き地に泊まった。 日が長くなった。20時近くまで明るいのである。 晩酌をしていると蛍が飛んできた。 珍しい。 蛍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワナは居ない

川内川のさらに源流で釣った。 林道が奥まであることが分かったので源流に入り泊まった。 本流は谷が深いので支流でよさそうなところを選んだ。ヤマメは上ってこれない場所である。 すぐ下に降りて行って7時から釣り始めるとなんとヨシノボリが来たのである。 こんなところまでヨシノボリは上るのかと思った。 これでは駄目だとドンドン源流を目指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワナは来ず

6月23日の日記 桜島SAで6時に起きる。 SAはゴミが捨てられる。 車内のゴミを整理して不要なものは捨てる。 7時出発となる。 えびなICで降りて川内川の源流に向かう。 入り口のところに入漁券扱いの看板がある。1日500円と安い。 聞くと近くにはヤマメを放流しているという。 ワシはヤマメでなくイワナを探している。源流に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋久杉自然館見学と移動(更新した)

6月22日の日記 今日は13時30分のフェリーで九州本土に渡る日である。 朝ゆっくりと起きる。 朝からパソコンデータを整理する。 一通り終わると島全体を見て回るには時間がない。 行ったことのない屋久杉自然館を見学することにした。 縄文杉を見に行くためのシャトルバスの発着場になっている場所である。 入館料を払って館内を見て回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然イワナを釣った時の動画

令和元年6月14日に四万十川の支流梼原川の支流の支流の支流で天然イワナを釣った時の動画を整理したので記録に残す。 合わせて屋久島でイワナを探しているが過去に2回ばかり釣りに来ているその時の様子をリンクさせて再度掲載する。 6月14日に四万十川で天然イワナを釣った時の動画である。 見出し 釣り動画(約18分) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワナを探して山に登る

昨夜は前岳(965m)の登山口に泊った。 脇に安房川の支流が流れている。 上から見ると水量はまずまずだし、ポイントが見えるのでここを釣ることにした。 昨日カエルと沢蟹を見たのでもしやと思ったのである。 実は安房川の源流にある縄文杉を目指して上り、縄文杉には過去に行っているので行かず、安房川を釣ることを考えて居た。 荒川登山口は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何も釣れず

6月20日の日記 昨夜はヤクスギランドの駐車場に泊まった。標高1,00mくらいである。 ヤクスギランドには30、50,80、150分コースがありいろんな杉を見れるように遊歩道が整備されている。 この中で150分コースを歩くと荒川の本流と支流のいくつかの橋を渡ることになる。 この橋の所で釣ってみることにした。杉を見るのが目的ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足止めとなる

昨夜から雨が降りっぱなしになった。 昨日の疲れからか晩酌後パソコンをいじっていたがそのまま寝てしまった。 夜中に目が覚めなかった。 4時頃トイレで目が覚めパソコンを止めエンジンを止めて寝た。 6時に目が覚めエンジンをかけようとしたがかからない。 何故かわからないがバッテリーが上がってしまったようである。 JAFにヘルプミーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海釣り

屋久島の海はきれいだ。 深さが5mくらいある所でも海底は見えるし、泳いでいる魚も見える。 吉田の小さい漁港の防波堤で釣った。 見ると熱帯魚のようなきれいな小魚が泳いでいる。 先ず、大物狙いでキビナゴを使って2本投げ込む。 そして小物釣りとしてサビキで釣ってみることにした。 こませが入るとわんさと小魚が寄ってくる。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋久島に着いた

6月17日の日記 8時30分発の鹿児島港から屋久島に渡るフェリーを予約していたので桜島SAを6時半に出発した。 ところがフェリーの発着場の住所を調べるのを忘れている。 ともかく鹿島港近くまで来た。 コンビニにより屋久島行きのフェリーの発着場を聞くがよくわからない。 あちらこちらに聞いてやっと着いた。 ところが場所が分かったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西日本で天然イワナを釣った時の動画

令和元年6月9日に愛媛県の仁淀川の上流面河川の支流で天然イワナを釣った。 更に確認するために6月11日に別の支流とその合流より下流で天然イワナを確認し、6月12日は水が少なくなるほどの源流で天然イワナを確認することが出来、南国に天然イワナが生息していることを発見した時の動画を整理したので日記に残す。 車で移動中に整理した釣り動画をY…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移動中

昨夜は佐田岬半島の道の駅「瀬戸農業公園」に泊った。 フェリーが出る三崎港に行こうと思ったが多分トイレがないだろうと思いやめた。 今朝、朝食抜きで三崎港に行く。やはり事務所が空いていなくトイレが使えない。 朝食を食べると直ぐお通じがあるので食事を我慢する。 7時半出航だが7時前に事務所が開く。 乗船手続きをする。 朝食は船に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣りを中止

宇和島市まで来たので仁淀川支流の目黒川の源流にある雪の輪の滝に釣りに行くことにした。 過去に一度行っている。アメゴだったような気がする。 再度確かめることにした。 朝から雨が降り続いている。 どうかなと思いながらも入って行く。 ところが源流に行く道は通行止めである。 思い出してきた遊歩道を歩いて登ったんだと。 川を見ると濁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またもや天然イワナ発見四万十川

6月14日の日記 昨日は20万分の一の地図を見て川が険しいところを探す。 四万十川の支流梼原川の支流の支流の支流の源流を目指して入った。 ところが道が険しい。林道はあるがまるで沢のように石がむき出しになっている。 四駆でないと入れない。がけもある。 暗くなってきたので危険のため途中の空き地に泊まった。 雨が降った。 5時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメゴが来た

昨夜は食料などを買って四万十川源流点の登山口に着いたのは20時である。 朝5時に起きて6時に出発する。 看板には源流点まで25分とある。 ゆっくり上りながら歩いたが20分で着いた。 4度目である。 今日はいつもより水量が多い。 これくらいだとイワナが上ってこれるなと思う。 ただし年中これくらいの水量がないとだめである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然イワナの大発見

仁淀川の上流、面河川の支流で6月9日に天然イワナを見つけ11日がその下流、今日が源流を釣り天然イワナと判断した。 天然イワナとはイワナにオレンジの斑点があるものである。 関東のニッコウイワナ、中部・北陸のヤマトイワナと呼ばれているのと同じである。 オレンジの斑点は渓流で長い間に川虫などを食べていると現れる斑点である。 渓流釣りを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメゴ

昨日は仁淀川の支流の岩尾川渓谷の源流に入った。 岩尾渓谷は入り口にあるようで遊歩道がある。 奥に入って行く立派な道がある。 結構民家があるのである。 ドンドン奥に入って行く。結構立派な道路である。 道端の草も刈ってある。上流に何かの施設があるのかなと思う。 しかし、源流に行くと道から外れてしまう。 橋の所で川をのぞくとアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然イワナを見つけたぞ

昨夜は石鎚山の登山口の駐車場に泊まった。 雨が降り、霧が濃くかかって寒い。 長そでシャツにジャージを着こんだがまだ寒い。 車の暖房を入れる。 本当は石鎚スカイラインの途中で泊まることにしていたがインターネットが使える場所にした。 石鎚スカイラインは20時~7時までは閉鎖される。 朝ゆっくり起き朝食を食べて釣り支度していると7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釣り動画

釣り遠征中の釣りの動画を整理しながらYuoTubeにアップしている。 6月6日のアカメ釣りと6月7日のイワナ釣りの動画を整理したので掲載する。 6月6日の国分川でのチヌを餌にしたアカメ釣り 見出し 釣り動画(約9分) 6月7日の吉野川源流の支流でイワナ釣り 見出し 釣り動画(約10分) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イワナが居た

今日も吉野川の別の支流を釣った。 昨日の雨で増水していたが一晩でほとんど普通並みになっていた。 山道を歩いて入り川に降りる。 落ち込みのポイントを探しながら釣り上る。 イワナが来た。 イワナが居る理由がわかってきた。 放流されたイワナだと思うが放流するような川ではない。 放流は車で運び、バケツに入れて川に入れるのが普通であ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イワナを見つけたぞ

6月7日の日記 吉野川源流に泊まった。 夜から雨が降りだす。 朝起きても雨は降り続いている。 朝もやがかかって神秘的である。 この雰囲気が好きである。 なんとなくイワナが居る感じがするからである。 雨が降っているがビデオを持って行く。 山の中に山道を歩いて入り川に降りる。 綺麗な水である。 「浦戸湾での釣りで書き忘れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チヌは来たがアカメは来ず

今日は浦戸湾の奥にある国分川で釣ることにして少し上流に向かう。 湾から5~6kmくらい入ったところで釣ることにした。 満潮なのか水位は高い。 高いところから見下ろすようにして釣り始める。 オキアミ餌を投げては寄せ餌を投げ流してを繰り返す。 浦戸湾の潮の動きが伝わってくる。流れが速くなったかと思うと遅くなる。 そして水位が下が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more